整骨院の正しいかかり方
交通事故での負傷を治療するときは
スタッフ募集中! アキバレエスクール鶴田バレエミュージックアーツ有紀子バレエスクールドリームテニススクール真鍋隆司オフィシャルサイトベストコンディション

整骨院の看板には、よく「保険取り扱い」と書いてありますが、これは「健康保険でかかれる負傷のみ健康保険扱いします」という意味です。
すべての施術に健康保険が使えるわけではありませんので
ご注意ください。
※整骨院は国家資格をもった柔道整復師が、骨折や脱臼、ねんざなどの施術を行なう治療院です。

整骨院の正しいかかり方

健康保険が使える・使えないは、以下のとおりです。

整骨院は柔道整復師が施術を行う治療院で、病院ではありません。

● 使える場合

  • 捻挫・打撲
    (転んだ、すべった、落ちた、ひねった、くじいた、寝違えた、など原因のある痛み)
  • 挫傷(筋肉、すじを痛めた)
  • 骨折・不全骨折・脱臼(折れた、ひびが入った、関節がぬけた)

※骨折や脱臼については医師の同意が必要となります。
(応急手当の場合は同意を必要としませんが、引き続き施術を受ける場合は同意が必要となります。)

● 使えない場合

  • 日常生活による単純な疲労や肩こり
  • スポーツなどによる筋肉疲労
  • 加齢(ケガによるものではない)からくる痛み
  • 脳疾患後遺症、神経痛、リウマチなどの慢性病からくる 痛みやしびれ
  • 症状の改善が見られない長期の施術(漫然とした施術)
  • 同一のケガについて、整形外科等の医療機関を受診している

整骨院にかかるときは

● ケガの原因を正しく伝える
外傷性の負傷でない場合、労災保険(通勤途中・勤務中のケガ)に該当する場合は健康保険が使えません。 交通事故などの第三者行為によるケガの場合は、健康保険組合にご連絡ください。
● 受取代理人の欄への署名は自分でする
以下の内容を必ず確認して、療養費支給申請書の「受取代理人の欄」に自分で署名(サイン)をしてください。
白紙の申請書にサインするのは間違いや不正のもとになります。
1) 支払った金額と自己負担額が合っているか
2) 受診回数は合っているか
3) 負傷名、負傷原因は正しいか
4) 施術内容は合っているか 
● 領収書をもらう
平成22年9月より領収書の発行が義務化されました。
また、ご希望の方は明細書を発行いたします。(有料の場合あり)
健康保険を使った場合、後日「医療費のお知らせ」が届きますので、領収書等と突き合わせ、金額や内容に間違いがないかをご確認ください。
ご不明な点はお気軽にお尋ねください。